kennedygreenhouseオフィシャル高反発マットレスの動向2017-2018

睡眠は健康のために大切です。
健康のためにも、マットレスはいいものを選びたいと思っていました。納得のいくマットレスを購入できてとっても喜んでいます。

誰もが心地よい寝起きを希望しているものですが、朝目覚めるきっかけが腰痛であるということが多いものですよね。
目覚めとともに痛みを感じる部分は臀部の上の方、脂肪の少ない部分です。
痛みが伴う中で体を起こすということは大変つらいことでもあります。

そこで、腰痛を起こさないマットレスの使い方を纏めてみましたのでご紹介します。
数年前より同一のマットレスを愛用しているのにどうもおかしい。この頃マットレスが心地悪いというケース。
横向きも仰向けの姿勢もつらいというときにはマットレスと体の相性が良くないことが原因です。

マットレスと体の相性がよくないというのは、マットレスの機能性が劣化しているということのほかにも、体の老化現象でマットレスに合わないということまで考えられます。
すなわちマットレスの買い替えやひきつずいてマットレスを使用する場合にはマットレスの工夫が求められることになるというわけです。

高反発マットレスの工夫

マットレスの上にどのような敷物を敷くのかということです。
例えば高反発敷き毛布、毛布を重ねてしく、いいろいろと対策は講じることができます。何をするにもおぼえておくべきポイントは、マットレスは他人評価で選ぶものではなく、自分の体重にあうタイプをセレクトするようにしたいということです。
一例を示すと、低反発と高反発の区別ですが、低反発というのは自分の体重が重力とともに沈み込んだときに、マットレスの反発力も低い機能性のマットレスのことです。一方で高反発とは反発力の高い機能のこと。
ニュートンの値が高いほど高反発率が高く100ニュートン以下を低反発、100ニュートン以上を高反発と指しています。

そもそも高反発、低反発ともに自己にあうマットレスの見分け方を抑えておきましょう。

そもそも人は頭部、胸部、臀部、脚というように各部位から重力がベットにのしかかります。
概ね信頼度の高い基準を参考にして購入を見計らうようにしましょう。
体重が60キロ未満の人は100ニュートン?150ニュートンを目安に。

実際に、多くの高反発マットレスが販売されたことでどれを選んだら良いのか迷ってしまう人も少なくはありません。

10年前と今の高反発マットレス市場を比較すると、比べ物にはならないくらいレベルが上がっています。

しかし、逆に迷ってしまい選ぶのが難しくなったというデメリットもでてきました。

また、今ではネットで色々な情報を入手できるようになったとはいえ、情報があふれかえっています。

ずばり、安心して使うことができる高反発マットレスを選ぶ基準は5点です。

①素材にこだわっており、品質がしっかりしている

②安心出来る企業が製造・販売している

③目的に合わせて高反発マットレス本来の効果を実感できる

④無理のない価格設定である

⑤耐久性に優れへたらず長年使える

以上です。

この5点を満たしている商品を選べば、高反発マットレス本来の効果が実感でき、安眠にもつながります。

出典元:高反発マットレス【公式】

このことからも、高反発マットレスを選択する際には、5つのポイントを把握したうえで自分に本当にあっている高反発マットレスを選ぶ必要性があるのです。

60キロ以上80キロ未満の人は120ニュートン?160ニュートンまでを低反発と決められています。
30キロから40キロの人が高反発マットレスを利用した場合、マットレスが固すぎて体圧分散が起きにくいことがあります。体重に適したマットレスを選ぶようにします。
多くの日本人女性は60キロ未満の体重ですから、口コミも参考になるはずです。成人に達すると子供の頃のように寝返りで自由に動きまわるということもないので、腰に負担がいきやすいのです。

つまり寝返りの必要性は存分にあると思うべきです。

日本人の体重の平均は60キロ未満であることが多いのですが、就寝時にどのくらいの体圧がかかっているのかというと、頭部8パーセント、胸部33パーセント、腰部44パーセント、脚部15パーセント、と長時間の就寝には体からマットへ
と重力がかかります。その重力の行き場を体圧分散とも表現されています。

固すぎるマットでは体圧分散が行われないので、腰や肩、頭部にと痛みとして現れることがあるのです。最も朝起きて痛みとともに体を起こすというようになると考えものですよね。とくに女性は睡眠時間を男性よりも多く必要としますが、こうした長時間の就寝時間を取る女性や、就寝中でも寝返りが少なく姿勢や行儀の良い人は体に疲労が蓄積しやすいので腰痛になるまえにも寝具に工夫が必要です。

体重に合わせてマットレスが硬い、マットレスが劣化で弾力がない場合、体圧が集中して部分的にかかりやすいので注意が必要です。
心地よいマットレスを選ぶコツは適度の体圧分散と寝返りのうてるマットレスを選ぶことです。

そこで反発力以外にも尊重すべきポイントはマットレスの密度ですね。高密度ほど長持ちするうえに高コスパであるといえましょう。
マットレスの密度とは、マットレスのなかみのことですよね。さらにマットレスの通気性は使用時の利便性には欠かすことのできない条件です。コスパの高さを求めるならカビやダニのつきにくい通気性を誇るものがおすすめ。マットレスの耐久性も選定ポイントです。
耐久テストというのは「繰り返し繰り返しマットレスを圧縮してみては、歪みが生じるかどうかを計測した実験のこと。

耐久年数を推測するために概ね目安になる実験です。
実際にはマットレスは使用してみて初めて使用感を実感できるものです。

使用経験のあるマットレスであれば、見境なく購入に踏み切れるのですが、悩ましい買い物です。

そこで通販で購入する場合でもマットレスは展示品を見学してから購入に至るほうが安心です。通販、店頭販売に限らず、一度自宅に搬入させたベットマットレスの返品や廃棄はなしがたいものです。苦労して運んだものをまた返品するとなれば一苦労です。安易に返品できないとなると、仕方なくしぶしぶ使用することになる人も多いのではないでしょうか。とくに顕著に現れる腰痛。腰痛に良いと評判のマットレスから重点的に選ぶという方法もあります。

本来は寝返りを存分に打ちながら体の負担を発揮しているという寝相が健康には望ましいのです。

西川のムアツふとんは、厚みや硬さを選ぶことができる最高級のマットレスです。
身体を点と点で支え、沈みすぎずに自然な姿で休むことができます。

腰痛もちの主人のために購入したのですが、使ってみたらいいことだらけでした。

高反発マットレスではなく西川のムアツふとんを選んだ5つのポイント

1.腰痛予防
2.素材がウレタンフォームでダニや虫がつきにくい
3.お手入れが簡単
4.硬さが選べる
5.寝返りが楽

▼腰痛予防
主人の腰痛予防のために身体に優しいマットレスをさがしていました。
点と点で身体を支えるというキャッチコピーが気にいって購入。

ムアツふとんにしてから、他のフトンに寝ると硬さが物足りなくて安眠できません。
主人は、起床時の腰の違和感が軽減されているそうです。

▼素材ウレタンフォームでダニや虫がつきにくい
素材がウレタンなのでダニや虫がつきにくいのが選ぶポイントになりました。

ムアツふとんにしてから、フトンを干したり掃除機でホコリを吸わなくてよくなったので家事が楽になりました。

▼お手入れが簡単
とにかくお手入れが簡単なのがありがたいです。
以前のふとんは羊毛フトンだったので外干し必須。

ムアツふとんは、外に干す必要も上げ下ろしもないので助かります。
壁に立てかけて通気性に気をつけているだけで大丈夫です。

ただ、どうしても何年も使っているとウレタンがへたってきます。
(どんなマットレスでもそうなりますが)

敷きっぱなしはよくないそうなので私はいつも部屋の壁に立てかけています。

▼硬さが選べる
腰痛持ちの主人は、とにかく硬いマットレスが欲しかったようです。
私は硬いだけでは就寝時、疲労感が抜けないと思いこの商品を購入しました。

硬さは自分の好みを選ぶことができるので、お店にいって体感されることをおすすめします。
自分好みの硬さがきっと見つかると思います。

■西川のムアツふとんは最高です!
西川のムアツふとんで寝ると朝までぐっすり眠れるようになりました。
ふとんですが、厚さもあるのでマットレスとして十分使用可能です。

お手入れ簡単、ダニや虫がつきにくい。
主人の腰痛予防のために購入したのに、私にとってなくてはならないフトンになっています。

以前のようにフトンを干すという作業もなくなって家事が軽減されたのもポイントです。
お値段が少々高くつきますが(20000円~120000円)長い目でみるとお買い得だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です