買い換えたことの無い私のマットレスのもうすぐ時代遅れ?

私は生まれたときから今までずっとベッドで寝てきましたが、マットレスのことはあまり意識したことがありませんでした。何かがきっかけでマットレスを買い替えた経験がないのです。

ベビーベッド時代は全く記憶にないのでその話はとりあえず置いといて、物心ついた幼児時代から小学校5年生ぐらいまではずっと同じマットレスを使っていました。

マットレスどころかベッドやシーツや掛布団など、全部貰い物だったのです。そのときに買った家に元々住んでいた、私と年が近い娘さんが使っていたベッドでした。

それを私は「お下がり」としてもらったのです。確かミッキーマウスとミニーマウスの柄のものでした。

確かベッドから転げ落ちないように横に柵が付いていましたが、もちろん小学校高学年になる頃には柵を外して使っていました。

マットレスの寝心地は今でもかすかに覚えていますが、はっきり言って今の私からするとあまり質が良いものではなかったことは確かです。

マットレスの中のバネの沈み方が結構露骨で、よく漫画などでベッドの上で遊んで飛んだりするのにはあまり適していませんでした。

ベッドの上でトランポリンで飛ぶように飛んで遊び始めるたび母は「ベッドが壊れるからやめなさい!」と言っていたのを覚えています。そもそもマットレス自体があまり頑丈ではなかったのでしょうね。

その後に巡り合ったのが今使っているマットレスなのです。

そう、小学校5年生のときに買ったベッドとそのマットレスは20代になっている私の寝床になり続けているのです。

しかも買ったきっかけは「引っ越し」でした。多分自分でベッドとマットレスを選んだのがこれが初めてでしたね。

はっきり言って私の両親の性格を考えたら引っ越しがなかったら新しいベッドを買うきっかけができなかったため、何らかの理由で使えなくなるまであの「おさがりベッド」を使い続けることになったと思います。

今も使っている「初めてのマイ新ベッド」は今となっては十何年も活躍してもらっているものですが、よく持つな~と思っています。一応それなりの値段がしたフランスベッドです。

マットレスのバネも健在は健在なのですが、気のせいかもしれません、少し寝たときの沈み具合が昔より深くなっているのではないか、と思ってきました。

今って結構バネが入ったマットレスだけではなく、色々な研究や開発を元にして作られたファイバーのようなものが中に入っているマットレスが出ているみたいですね。よくスポーツ選手などが宣伝しているものでそういうものを見かけます。バネが入っているマットレスはこれからは消えつつあるのではないかと思っているところです。

 まだ使えることは使えるのですが、最近よく売っている、マットレスの上に敷くことによって寝心地の良いものにすることができる薄いパッド状のマットレスを買うかどうか検討しているところです。

そしたら今のマットレスをとりあえず処分せずに寝心地を改善することはできそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です