マットレス好きがどんなマットレスがいいかつらつらと語る

ベッドって気持ちいいですよね。ぽよんぽよんで、ふかふかとしていて、疲れた体を優しく受け止めてくれる人生の相棒です。横になり、あたたかいお布団にくるまったら、徐々に力が抜けていきやがて訪れる眠気に身を任せるあの瞬間……至福の時ですよね。

そんな大事な時間を任せるわけですから、当然寝心地のいいベッドを使いたいに決まってます。

ベッドの寝心地を決めるのはマットレスですね。そのマットレスひとつ取っても種類はさまざまで、いわゆるスポンジ素材のウレタンフォームのみを使ったマットレスや中に金属製のスプリング(バネ)が入ったもの、エアーベッドやウォーターベッド、など枚挙にいとまがありません。

人類がいかに心地よい睡眠を追求しているかよくわかります。

固すぎるのはもちろんだめですが、柔らかすぎてもいけません。腰が沈み込みすぎて寝返りがしづらくなり、朝起きた時に腰の痛みや疲労感を味わうはめになります。

一日の大半をベッド上で過ごす高齢者向けの介護用マットレスは床ずれ防止の観点からどちらかというと柔らかめの場合が多いようですが、寝返りを人の手で行い、また体重も軽いためにそこまで腰が沈みすぎることもない等の特殊な事情により、普通の生活を送っている人とは選び方の基準が違います。

私が普段使っているマットレスはポケットコイルのもので、たくさんのスプリングをひとつひとつ不織布で包んでありす。これがなかなか寝心地が良く、10年以上使っていても全くへたれてきません。

ただ重いので、湿気を逃がそうと思うと大変な労力を使って壁に立てかける必要があります。

これがスポンジ素材のみのマットレスであれば、軽々と持ち上げてベランダで干すこともできるのですが。

これは比較的安価ですし、厚みや硬さ、低反発か高反発かなど選ぶことができるので、自分に合ったものを見つけられれば快適な寝心地と清潔さを両立できて良いなーと思います。

しかし、スポンジ素材のみのマットレスはどちらかというと床に敷いて綿の敷布団と組み合わせるのが一般的で、種類にもよりますがベッドフレームに乗せて使うには向かないことが多いようです。やはりベッド派としては無難にスプリングマットレスが良いのかもしれません。

エアーマットレスは、空気の上に寝るという夢のような心地を想像しますが、中に入れる空気量の調節がなかなか難しいようです。

ぱんぱんに入れると固すぎて寝心地が損なわれるし、かといって少なすぎても沈みすぎる問題が出ます。

ウォーターベッドも同様です。

しかも定期的にメンテナンスが必要でかつ高額なので、上手く扱えれば良いのですが、素人には難しそうです。憧れますけどね!

 

結論、経済状況や健康状態などが割と普通の人で、ベッド派!という人にはスプリングマットレスが良いだろうと思います。が、たまに寝具売場を見に行くとウレタン(スポンジ)素材のマットの種類の豊富さ、進化の度合いに驚きます。彼らはもうただの大きいスポンジではありません。

人が心地よく眠るためだけに開発、工夫されたウレタンマットレスの数々、圧倒されます。店員さんを恐れず、一度試してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です