衝撃!マットレスで体は変わる。低反発か高反発かの判断がとても重要!

ずっと悩んでいる肩コリと腰痛。

パソコン作業が増えて同じ姿勢でいる時間が長いし、眼の酷使も影響していると感じています。

まず、出来ることから始めてみました。

・ブルーライトカットのめがね

・作業する椅子にクッション追加

・肩と腰に温熱シートを貼る

・30分ごとにストレッチ体操

ただ、継続していかないと効果が実感できないものばかりしか思いつかず…

友人に相談したところ、マットレスを変えてみたら?との答えが返ってきました。

早速、カタログやファニチャーショップでいろいろ見てみて検討。

マットレスの種類と価格帯の広さにびっくりしましたけど。

 

よくマットレスは低反発がいいっていう話を聞いていたのですが、どうも私の体には高反発タイプのマットレスが合っているようです。

思い返せば、かたいフローリングや畳に寝転がると背筋がのばされているみたいで気持ちいいなと感じてたんですね。

体つきに曲線が多く、日頃の姿勢やパソコン作業などでさらに曲がってしまっているのに、低反発マットレスだと体が沈んでしまいます。

高反発なら体がまっすぐ矯正されている状態になるんですね!

いいマットレスほど、この正しい姿勢への矯正力が高いという訳です。

逆に、男性に多い筋肉質で直線的な体つきの人は低反発がおすすめです。

高反発だと、接地するのが点になってしまい、そこに集中して負担がかかってしまうとの事。

柔らかいマットレスで、接地面を増やす事で負担を和らげれば、眠りの質を高められるんですと教えてくれました。

マットレスの厚さは、今あるものに重ねて使える薄いものをチョイス。

ロール状で圧縮されていて、普通の車での持ち帰りでも大丈夫ですよ!と、背中を押されてしまいました。

店員さんのマットレス愛と、その豊富な知識になるほど!と納得させられっぱなしだったので、思いきって購入。

寝てみましたよ。

 

翌朝、すっきりとした寝起き!

肩コリと腰痛はまだ残っているものの、首と背中の軽さが違います。

加えて、熟睡度が格段にアップ。

これには驚きでした。

友人も実際にマットレスを変えた経験からのアドバイスだったので、あんなに自信たっぷりだったのかもしれません。

肩コリと腰痛も、もともとは姿勢が悪くて負担がかかってしまっている状態が原因なので、これは改善も期待できそうな予感がしています。

 

ちょっと予算オーバーしても、いいマットレスを選んでおいて正解でした。

あとは枕と布団…と欲張りになってしまうんですけどね。

早く帰って眠りたいと思わせるくらい、マットレスの威力はすごかったです。

夢も見なくなって、寝起きどころか寝つきまでよくなったのは嬉しい誤算。

友人に感謝しつつ、今夜もマットレスが恋しいなんて思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です